ACTION(取り組み)

厚労省が公立・公的病院とベッドの数の削減を見直す可能性が出てきました

【「#緊急事態宣言 なのに政府が病院・ベッド削減を支援!?#新型コロナ による医療崩壊 を防ぐための緊急署名」についてのお知らせ】

厚労省が公立・公的病院とベッドの数の削減を見直す可能性が出てきました。

まずはじめに、この署名にサインしていただいた皆さま、情報の拡散にご協力いただいた皆さまにお礼申し上げます。4月18日の時点で、約45,000の署名をお預かりしております。本当にありがとうございます。

私たちは、4月22日に厚労省への署名の提出を予定しております。それに向けて、いま一度情報の拡散にご協力頂けますと幸いです。

そしてここに来て、変化の兆しが見えてきました。厚労省が公立・公的病院とベッドの数の削減を見直す可能性があるというのです。

焦点:コロナ患者急増、病床削減計画見直しの可能性 政策の矛盾露わに – ロイター
https://jp.reuters.com/article/japan-coronavirus-hospital-idJPKCN21Y0FZ

『新型コロナウィルス感染者の病床不足が問題となっている中で、厚生労働省がこれまで5年にわたって進めてきた全国の病床削減計画を見直す可能性を視野に入れていることがわかった。政府は昨年秋に、13万床の病床削減を目安として掲げ、病院名のリストも作成。その対象となっていた公立病院はコロナ患者の受け入れを求められており、政策の矛盾を指摘する声が出ている』

多くの皆さんの意見が、政府の中にも響き始めたということです。しかしながら、現時点では『全国の病床削減計画を見直す可能性』があるというだけに過ぎません。この可能性を『見直しの決定』にさせるためには、さらに多くの声が必要となります。

まだこの署名にサインしていない方はぜひサインを、既にサインしていただいた方は、ぜひあなたの周りのみなさんにこの情報をお届けください。この署名が広がれば広がるほど、病床削減計画を見直すことに、つまり医療の現場が必要とする病床数を確保することに近づきます。

みなさん一人ひとりの力をお貸しください。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 「#新型コロナウイルス の影響を受けるすべての働く人が所得補償を受け取るための緊…
  2. 【★緊急署名にご協力ください】すべての労働者の問題です! 労働基準法を歪め教員に…
  3. ケン・ローチ監督最新作『家族を想うとき』公開記念「わたしの仕事8時間プロジェクト…
  4. #メーデー2020 #補償で防ごう感染拡大 ★全国各地のメーデー企画(※5月1日…
  5. 〈お知らせ〉映画『#パブリック図書館の奇跡』トークイベント開催にあたってのお願い…

関連記事

  1. ACTION(取り組み)

    菅政権の「デジタル改革」なぜヤバイ? 労働者がこわがる理由(講師:大住広太弁護士)

    2021年2月9日に閣議決定され、政府・与党が成立を急ぐ「デジタル改革…

  2. 映画『パブリック 図書館の奇跡』

    ACTION(取り組み)

    〈お知らせ〉映画『#パブリック図書館の奇跡』トークイベント開催にあたってのお願い

    「わたしの仕事8時間プロジェクト」主催で、映画『パブリック 図書館の奇…

  3. ACTION(取り組み)

    2月13日、厚生労働省で記者会見を実施しました!(記者会見動画)

    2月13日、厚生労働省で記者会見を実施しました。ぜひ動画で視聴ください…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 国会の動き、政治動向

    年720時間上限の政府案は命守れない「ゆるゆるネット」、ネットを準備しながら大穴…
  2. ACTION(取り組み)

    ケン・ローチ監督最新作『家族を想うとき』公開記念「わたしの仕事8時間プロジェクト…
  3. ACTION(取り組み)

    【★緊急ネット署名にご協力ください】 #高度プロフェッショナル制度 は現代の奴隷…
  4. 国会の動き、政治動向

    残業月100時間の政府案はまさに過労死容認法、これでは働き方改革どころか過労死が…
  5. ACTION(取り組み)

    〈お知らせ〉「トークイベント 映画『パブリック図書館の奇跡』が問う〈公共〉と〈労…
PAGE TOP