映画『パブリック 図書館の奇跡』

ACTION(取り組み)

〈お知らせ〉映画『#パブリック図書館の奇跡』トークイベント開催にあたってのお願い

「わたしの仕事8時間プロジェクト」主催で、映画『パブリック 図書館の奇跡』を題材にしてトークイベントを開催します。10月初旬にYouTube配信の予定でいま準備をすすめています。

トークイベントの出演者は、上西充子さん(法政大学教授/国会パブリックビューイング代表)坂上香さん(ドキュメンタリー映画監督)西口想さん(文筆家・労働団体職員)。司会は、山田真吾さん(出版労連)です。

配給会社に了承を得た上での“ネタバレ全開”のトークイベントになりますので、みなさん、ぜひ映画を観た上でトークイベントのYouTube配信をご覧いただければと思います。

今回のトークイベントは、作品タイトルそのものである「パブリック(公共)」をテーマに取り上げます。本作は公共図書館を舞台にした劇映画であり、利用者である市民や主人公の図書館職員が「パブリック(公共)」なるものをめぐって行動することで、物語が大きく動いていきます。

映画のストーリーと登場人物の描写を丁寧に追いながら、観客の胸に湧き起こる「パブリック/公共」への思いを語り合う場としたいと思います。『パブリック 図書館の奇跡』について語り合うことで、私たちの社会の「公共空間」や労働環境の問題も見えてくるのではないでしょうか。

映画『パブリック 図書館の奇跡』公式サイト
https://longride.jp/public/

【トークイベントに関連する論考】※以下は、ネタバレ全開のためご注意いただきたいのですが、上西充子さんによる映画『パブリック 図書館の奇跡』を題材にした論考になります。

権力の圧力とメディアの決めつけに「抗う」
「ポスト安倍」政権誕生を前に考える
(共同通信2020年9月3日配信記事)
https://www.47news.jp/47reporters/5212727.html?utm_medium=twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ケン・ローチ監督最新作『家族を想うとき』公開記念「わたしの仕事8時間プロジェクト…
  2. 参議院選挙における労働政策に関する「各政党の回答へのコメント」 #8時間働けば暮…
  3. #新型コロナウイルス の影響を受けるすべての働く人が所得補償を受け取るための緊急…
  4. 【★緊急ネット署名にご協力ください】 #高度プロフェッショナル制度 は現代の奴隷…
  5. 「働き方改革関連法」の概要―高度プロフェッショナル制度を職場に入れさせないように…

関連記事

  1. ACTION(取り組み)

    2月13日、厚生労働省で記者会見を実施しました!(記者会見動画)

    2月13日、厚生労働省で記者会見を実施しました。ぜひ動画で視聴ください…

  2. ACTION(取り組み)

    菅政権の「デジタル改革」なぜヤバイ? 労働者がこわがる理由(講師:大住広太弁護士)

    2021年2月9日に閣議決定され、政府・与党が成立を急ぐ「デジタル改革…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. ACTION(取り組み)

    裁量労働制データ問題で追及すべきは厚労省でなく安倍政権、ウソで過労死はごめんだ!…
  2. ACTION(取り組み)

    【★緊急署名にご協力ください】すべての労働者の問題です! 労働基準法を歪め教員に…
  3. ACTION(取り組み)

    参議院選挙における労働政策に関する「各政党の回答へのコメント」 #8時間働けば暮…
  4. ACTION(取り組み)

    「わたしの仕事8時間プロジェクト」署名提出のご報告(署名数1万5千筆、コメント1…
  5. 国会の動き、政治動向

    年720時間上限の政府案は命守れない「ゆるゆるネット」、ネットを準備しながら大穴…
PAGE TOP