ACTION(取り組み)

ネット署名「8時間働いたら帰る、暮らせるワークルールをつくろう。」にぜひ賛同ください

わたしの仕事8時間プロジェクトとして、ネット署名「8時間働いたら帰る、暮らせるワークルールをつくろう。」にとりくんでいます。

今、働く現場には、長時間・過密労働や、健康を保つための生体リズムを狂わせる夜勤交替制労働、雇用不安と差別にさいなまれる非正規雇用が広がり、心身の健康を損なう人が後を絶ちません。

労働基準法には、週40時間・1日8時間を超えて労働させてはならない、という規定はありますが、この原則には抜け穴があります。

こうした現状を変えて、誰もが「8時間働いたら帰る、暮らせる」ことが普通となる社会を実現するためには、個々の企業における労使の努力に加え、抜け穴のない法律によるルールづくりが必要です。

働きやすい職場づくりのための個々の企業の労使の努力を、業界慣行や取引先からの圧力から守るためです。

法律の改正には、国の取り組みが必要です。そこでプロジェクトでは、①労働時間の規制強化、②労働時間の規制緩和政策の中止、③最低賃金の抜本改正と中小企業の経営環境改善、④社会保障の拡充という法制度・政策の実施を、政府に求めることにしました。

ぜひとも、呼びかけと要請趣旨、要請事項をご確認ください。そして、賛同してください。

【change.orgキャンペーン】8時間働いたら帰る、暮らせるワークルールをつくろう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

残業月100時間の政府案はまさに過労死容認法、これでは働き方改革どころか過労死が続出する

関連記事

  1. ACTION(取り組み)

    2月13日、厚生労働省で記者会見を実施しました!(記者会見動画)

    2月13日、厚生労働省で記者会見を実施しました。ぜひ動画で視聴ください…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. データ

    政府案では過労死が続出する――過労死は残業80~100時間が最も多い
  2. ACTION(取り組み)

    ネット署名「8時間働いたら帰る、暮らせるワークルールをつくろう。」にぜひ賛同くだ…
  3. 国会の動き、政治動向

    年720時間上限の政府案は命守れない「ゆるゆるネット」、ネットを準備しながら大穴…
  4. 国会の動き、政治動向

    残業月100時間の政府案はまさに過労死容認法、これでは働き方改革どころか過労死が…
  5. ネット署名にご協力を

    寺西笑子さん(全国過労死を考える家族の会)と川人博弁護士(過労死110番全国ネッ…
PAGE TOP